当会の行動目標

 

  1. 裁判当事者への証拠閲覧権付与

  2. 再審決定後の検察上訴権廃止

  3. 国会における冤罪原因調査委員会設置

  4. 捜査関係者・裁判関係者(証拠のねつ造・改ざんに関与した者)の責任追及

  5. 再審審査会の設立と証拠管理の厳格化(再審判断を第三者の手に委ねる)


 ※おことわり 当会は個別の冤罪事件に対処していく団体ではありません。
  予めご了承ください。